ごあいさつ

2017年 教会主題と挨拶
担任牧師 鄭 然 元

bokusi_c<改革信仰で生まれかわる教会>

愛する大阪教会信仰の家族の皆様!

公同議会を迎え神様の大いなる祝福が皆様の上に共にありますよう祈願いたします。今年、プロテスタント教会は宗教改革500周年を迎えます。

宗教改革運動は(Protestant Reformation)ローマカトリックの問題を論争する事によって、教会改革を主張しました。’神様の栄光’、’神様の御言葉’、’神様の恵み’ で聖書が示しているキリスト教信仰の権威とキリストに対する信仰と神様の恵みを通しての救いを強調しています。この主張は”信仰のみ、恵のみ、聖書のみ!”(sola fide, sola gracia, sola scriptura)と言う言葉を意味します。今日の私たちのプロテスタント信仰と教会が信仰共同体としてのアイデンティティーついて改革信仰の精神を再検討しながら革新を夢見ている次第です。

‘私’から始めるべきであります。家庭にて、職場にて、社会生活と信仰生活全般において真なる改革と革新の精神をイエス様のみ言葉に従って他人を見ることでなく自分の目の梁を見るべきです。教会創立96周年を迎える大阪教会は”改革信仰で生まれ変わる教会”と言う標語を定め、今年をイエス様と共に歩むことを決意いたします。